【短期間で爆発的に】歌が上手くなる2つの行動!

Featured Video Play Icon

こんにちは!ボイストレーナーのけいたんです。

今回は短期間で爆発的に歌が上手くなる2つの方法と言うテーマでお届けします。今回の内容は技術的なものと言うよりは、この行動をすると歌が上手くなるよ!といった観点からお伝えしていきます。

全部で2つです。2つとも僕の経験、実感からくるものですので、今より歌が上手くなりたいと思ってる方は見てみてください!

【短期間で爆発的に】歌が上手くなる2つの行動!(動画解説版)

短期間で爆発的に歌が上手くなる2つの行動

1.ライブを見にいく

あなたは日頃から誰か好きなアーティスト、気になるアーティストの曲を聞くと思います。そして聞くときには大体イヤホンとかスピーカーを使って聞くと思いますが、できれば時間と機会を見つけてライブにも行くと良いと思います。

ライブに行くと何がいいかというと、実際にそのアーティストの姿を見れる、周りのお客さん達と一緒に時間を共有できると言った経験的なものもありますが、何より生の音、生音でそのアーティストの歌を聞けると言うのがすごく大きいです。

イヤホンや家でスピーカーで聞くのとは違って、ライブはアーティストと一緒の空間にいるわけなので、音が空気の振動でダイレクトに自分の体、耳に飛び込んでくるわけですよね。その分耳に残りやすいし、感動や興奮もするので余韻も残りやすいですね。

歌が上手くなりたいのであれば、まずは歌う前にアーティストの声をよく聞いてどんな出し方をしてるのか、歌い方、表現をしているのかと言うのを自分の耳で研究するのが大事!という風に僕は日頃からお伝えしています。

ライブで実際に生音で聞くと、そのインプット量や質が普段の何倍にも何十倍にも何百倍にも大きくなってることを僕はライブに行くたびに感じています。

インプットの量や質が大きくなればなるほど、当然それを自分でアウトプット、外に出す、つまり歌う時の質も何倍にも何十倍にも何百倍にも大きくなる。要するに歌も上手くなれます。

ライブに行くことでそのアーティストが自分に乗り移るような感覚になるので、ライブ後に歌うといつもより音域が伸びたり表現の仕方が変わったりします。

僕もつい最近のことですが、エレファントカシマシの宮本浩次さんのライブにいきました。

本当に素晴らしくて体全身を使って命を削りながら歌う姿に感動しましたし、声の存在感、パワーが本当にすごくて今でも余韻があるくらいです。本当に歌が上手くなりたい人は宮本さんのライブおすすめです。今まで見たどんなアーティストのライブよりも素晴らしかったです。あなたも機会があったら一度見に行かれると良いと思います。

そしてそこで僕自身も宮本さんのライブを見ながら、声の出し方とか歌ってる時の体の使い方なども目と耳に焼き付けたので、それが自分の中にインプットされてライブが終わってからのレッスンでは明らかに自分の声の出方がいつもより良いのを感じました。

音を聞くと言うのは一見歌が上手くなることと関係ないように思いがちですが、ものすごく大切なことです。

今はコロナでなかなか難しい部分もありますが、ぜひあなたもたまにはライブを見に行って感化されることで自分の眠ってる能力が覚醒されてくると思います、イヤホンやスピーカーからだけではなく、ライブの生音を聞きに行ってみてください!

2.ライブをする

ライブを見に行くだけではなくて、自分でライブをすると言うことも短期間で爆発的に歌が上手くなるきっかけになります。

とはいえライブをするとなると、一般的にはすごくハードルが高い人もいると思うので、そういった場合は人前で歌を披露する。今はコロナでなかなか難しいですが、コロナが落ち着いたらカラオケで誰かの前で歌を披露してみたり、カラオケバーやスナックでもいいので知らない人の前で歌ってみる。あとはSNSやアプリでも自分の歌を投稿できるので投稿してみるとか、そういった自分だけじゃなくて誰か他人に聞いてもらうと言うことを行動としてするといいと思います。

僕の場合は昔音楽活動をしていてライブハウスで歌う機会がありましたが、ライブが終わった後にすごく「あ、なんか感覚が違うな」と感じることが多々ありました。感覚が違うと言うのはもちろんいい意味です。すごく声の出が良かったり、高い音も出たりすることが多かったです。

これはなぜか理由を考えたときに僕の中では2つあって、まず1つはアドレナリンが残ってるって言うことですね。

ライブハウスで歌うと客席が暗くて、自分だけに照明が当たってる、自分にすべての視線が集まるわけなので、自然とやってやるぞ!と言うアドレナリンが出るわけですよね。

スポーツでも「今日はアドレナリンが出たのでいつもより早く走れました」とコメントする選手がいますが、歌も同じで、アドレナリンが出るといつもより声が出たり、高い声も伸びたりパフォーマンスが高くなります。

ライブ中はそういった状態になるんですが、終わってから数日経ってもその残像が自分の中に残ってるのである種アドレナリンをキープしたまま歌える。そのことで歌のレベルも上がると言うことです。

あともう1つは、根本的に自信がつくと言うことですね。人前で歌うだけでも経験になるので自信になる。そしてさらに聞いてた人から「すごい良かったよ!」とか「上手いね!感動した!」などの良い感想をもらえると自信になるので、その自信が歌を根本的によくしてくれる源になります。
自信によって歌が変わっていく、上手くなると言うことですね。

大きくこの2つがライブをする、人前で歌うことで歌が上手くなる理由だと思っています。なのであなたも機会と時間を見つけて人前で歌うということにもチャレンジされると良いと思います。最近ではSNSやアプリなどでも気軽に投稿できて、評価ももらえたりするのでぜひチャレンジすると素晴らしいんじゃないかなと思います!

まとめ

ライブはスポーツでいうところの「試合」です。
普段と違う空気を感じることは、あなたの歌を急成長させるきっかけになります。

ぜひ意識して過ごしてみてください^^

 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。