【禁断】ミックスボイスを使いこなす人が、陰でやっているたった1つのこと

Featured Video Play Icon

こんにちは!ボイストレーナーのけいたん(千葉敬太)です。

今回は「ミックスボイスを使いこなす人が、陰でやってるたった1つのこと」というテーマでお届けします。

ミックスボイスというのは、地声と裏声を滑らかに繋ぐための橋渡しするための声として一般的に認識されていて、自由に気持ちよく歌うためには欠かせないものとして今日では圧倒的な存在感を示しています。

そのミックスボイスを上手に使いこなせる人もいれば、こなすのが難しいという人もいます。今回はそのあたりのお話で、ミックスボイスを上手に使いこなせる人が普段から意識的にも無意識的にもやっているたった1つの行動というか練習をお伝えしていきます。

今回お伝えすることが、ミックスボイスだけに限らず、ボイトレというものがなんなのかと言うことの究極の答えだと僕は現時点では思ってるので、良かったら見てみてください。

【禁断】ミックスボイスを使いこなす人が、陰でやっているたった1つのこと(動画解説版)

ミックスボイスを使いこなす人が、陰でやっているたった1つのこと

色々な声を出す

ミックスボイスを使いこなす人が、陰でやってるたった1つのこと。

それは何かと言うと、すごくシンプルなんですが「色々な声を出す」ということです。もっと具体的にいうと「色々な音色の声を出す」ですね。

なぜかと言うと、色々な音色の声を出すことで喉にあるたくさんの筋肉が刺激されて、その機能が高まるからです。歌は幅広い音域、低い音から真ん中の音、高い音とすべてをカバーしていかないといけませんよね。すごくざっくりといえば、それらを滑らかにしていくのがミックスボイスの役割になるのですが、それは結局喉にある声を出すための細かい筋肉が協力して連動しないとなかなか上手く使いこなせないわけですね。

スポーツとかわかりやすいですが、上半身だけ鍛えられていても下半身がしっかり鍛えられていなければ、高いパフォーマンスはできないですよね。上半身だけをとっても、胸だけ鍛えられてて腹筋や背筋、腕とかそういう他の部分もちゃんと同じくらい細かい部分まで鍛えられていないと、力が分散してしまってバランスが崩れるのでパフォーマンスは落ちるわけです。何が言いたいかと言うと、やっぱり全体の連動が大事と言うこと。そしてそれが高いパフォーマンスにつながると言うことです。

声の話に戻すと、できるだけ色々な音色の声を出すこと。そのことで細かい筋肉まで刺激を与えることができる。その結果機能が高まって連動していくのでミックスボイスも上手に使えるようになってくると言うことです。

もし普段からすごく限定された声しか使わない、音色の変化が乏しいとそれだけ刺激がいかないので、使う筋肉がいつも同じ状態になってしまい、いざ歌を歌うときに幅広い音域に対応するとなったときに上手に対応できなくなる。そうすると足りてないものを補うために、声を出すために必要のない外側の力、首とか顎とかベロとかそういった部分の力を使ってしまって、結果喉が閉まったり、張り上げちゃったり、裏返っちゃたりする可能性が高まると言うことです。

なので普段から出来るだけ色々な声を出すことを心がけることが大切になります。

今はコロナ時代で特に声を出す機会が少なくなってきてるので、より一層、意識的に色々な声を出していかないとその機能はどんどん落ちてきてしまいます。ミックスボイスを上手に使えるようになりたい、歌が上手くなりたいと言う人は時間を見つけて、しっかりと声を出せる環境で、ぜひ普段出さないような声を出すことも意識してみてください。

具体的な方法

とはいえ、色々な声と言われてもぼやっとしてイメージできないと思うので、簡単に例を。例えば「あー」と声を出します。

この「あー」でも色々と変化させることができます。

「えあー」とちょっと鼻にかけたような音色にすることもできるし、「おあー」と太い声にすることもできます。

そしてこれを息を多めにもらすこともできます。「はあー」「はえあー」「はおあー」
音の高低を変えるのもいいですね!

こんな感じで音色と言うのは1つじゃなくて色々と変化させていくことができるので、ぜひイリュージョンさせてみましょう!

プロの歌手でも特に上手い人は、この辺りの音色の幅がやっぱりすごく広いです。広いからこそ色々な表現もできて聞くひとを感動させることもできると思います。

そのほかに例えばモノマネ芸人の人たちもこの辺りがすごく上手なので、モノマネだけじゃなくてシンプルに歌が上手い人が多いですし、自然とミックスボイスも上手に使えている人が多いですね。

あとはモノマネに限らず、芸人さんも歌が上手い人多いですが、例えばおいでやす古賀さんとか、EXITとか、トレンディエンジェルの斉藤さんとか、そういった芸人さんたちも人を笑わせるために普段から色々な声を使って表現していると言うことが繋がってるのかなと僕は感じています。

ぜひあなたもできる限りの範囲で普段から色々な音色の声を出す癖づけをしてみましょう!

まとめ

「ミックスボイスを使いこなす人が、陰でやっているたった1つのこと」
それは、「色々な声を出す」と言うことです。

そのことで細かい筋肉まで刺激を与えることができ、その結果喉の機能が高まって細かい筋肉が連動していくのでミックスボイスも上手に使えるようになってくると言うことです。

ミックスボイスが上手に使えるようになると言うことは=歌も上手く歌えると言うことにも繋がります。今はコロナ時代で声を出す機会が少なくなってきてるいるので、喉の機能はどんどん落ちやすくなっています。あなたも時間を見つけて、しっかりと声を出せる環境で、ぜひ普段出さないような声を出すことも意識してみてください。ストレス解消にもなるので、健康にも良いと思います。ぜひやってみてください^^

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。