【聞いてる人を虜にする】「この人ちょっと違うな!」と思わせる大人の歌い方【3選】

Featured Video Play Icon

個別の対面&オンラインレッスン受付中です!

最速たった3ヶ月!歌が上手くなって大切な人からも選ばれる声になる。
本気で歌が上手くなりたい、声を磨きたい方はぜひお越しください!

こんにちは!ボイストレーナーのけいたん(千葉敬太)です。

今回は「この人ちょっと違うな!」と思わせる大人の歌い方【3選】というテーマでお届けします。

歌っててもなんか子供っぽい表現になるなとか、ムードのない一本調子な歌になってしまうなと悩んでるあなたにとって参考になるんじゃないかなと思います。

今回の内容を身につければ周りであなたの歌を聴いてる人たちの印象をガラッと変えることができると思いますので、ぜひ見てみてください!

【聞いてる人を虜にする】「この人ちょっと違うな!」と思わせる大人の歌い方【3選】(動画解説版)

「この人ちょっと違うな!」と思わせる大人の歌い方

1.体の深い所から声を出す

これは比喩表現になるんですが、体の深いところ、下の方ですね。胸とかお腹とかこういった底の方から声を出していくということになります。

そのために大事になるのは、いわゆる「喉を開いた」状態で声を出すことです。もっと厳密にいうんであれば喉をリラックスさせて開放させた状態で声を出せるようにするということです。

それを実現させるためには、口を少し縦に開けながら声を空間に響かせることです。

例えば「あー」という言葉を出す時にも、少し口を縦に開くイメージで「あー」と出す。でこの時に声を斜め下の方に出すようなイメージにするとより深さが出ます。

これを横に開いて「あー」と出すと、喉が窮屈になって上の方から出す感じになるので、浅い声になります。子供っぽい声になるので、声を出す前に少し口から息を吸ってあげて縦の空間を作って、そのまま「あー」と出すと自然と喉も解放されて、体の深いところから声を出すことができます。

このイメージで歌ってあげます。

これを口を横に開いて上に出すような感じになるとすごく子供っぽい声になって、のっぺりした表現になるので気をつけましょう!

2.言葉の間に間を作る

間っていうのは歌の中にちょっとした余白を入れることになります。

例えば

「もっーと勝手にー恋ーしーたり〜 もっーとキッスをー楽ーしんだり〜」と全部の言葉を伸ばすと流れすぎてしまって、1つ1つの歌詞の意味や印象が薄くなると思います。

なので所々短めに切って、言葉の間に間を作るといいです。

「もっー/と勝/手に〜恋しー/たり〜 もっー/とキッ/スをー楽ーしん/だり〜」という感じです。

ただこの時に注意して欲しいのは、間を作るからといって「止めるわけではない」ということです。音楽っていうのは常に時間が流れています。呼吸と同じで常に止まることはないので、止めてしまうとガタガタしたリズムのない歌になってしまうので気をつけてください。

意識としては「流れの動きの中に間を作る」ということです。止まるんじゃなくて流れを感じながら間を作る。次のフレーズに橋渡しをするイメージで間を作るように心がけましょう!

このように表現できると全部の言葉を伸ばした時より、メリハリが出るので1つ1つの言葉もクリアに入ってくると思います。そして適度な間を作ることで音楽的にもよりリズムが生まれるので一石二鳥です!

この辺りも小さい子供が歌う時を考えてみるとわかりやすいと思いますが、小さい子供が歌う時って大体全部のことを伸ばして歌うと思うんですよね。

それが無邪気さにも繋がってかわいいなーと感じる要因にもなると思うんですが、大人がそれをやるとどこかムードにかける、垢抜けない印象になってしまいやすいので、適度な間を作って、余白を入れることで余裕を感じさせる。シャレオツな歌にすることができますので、ぜひ意識してみてください!

3.息を多めに混ぜた声を出す

これはいわゆるウィスパーボイスと言われるものです。

「あー」という芯の集まった声もいいんですが、「はあー」っていう息が多めに混ざった広がりのある声も所々使うと、包容力やセクシーさを感じさせることができるので大人の歌にはおすすめです。

例えば語尾だけ息を多めに混ぜた声にしてみたり、全体的に息を多めに混ぜて歌ってもいいと思います。

ただ全体的に息を多めに混ぜて歌う場合は、終始息を吐きっぱなしな状態になるのでよりコントロールが難しくなりますし、やりすぎるとくどい印象になるので注意が必要です。色々と試してみてください!

なかなかこの辺りのコントロールは意外と難しい部分あると思いますが、ガラッと印象を変えることが出来るはずです^^

まとめ

ということで「この人ちょっと違うな!」と思わせる大人の歌い方を全部で3つお伝えしてみました。簡単にまとめると①体の深いところから声を出す②言葉の間に間を作る③息を多めに混ぜた声を出す

1つ1つやってみて、最終的には全部を組み合わせて歌うと、あなたの歌をグッと大人っぽく聞かせることができると思いますので、ぜひ参考にしてください!

 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。