歌う時に腹式呼吸は必要ない。【ただし例外あり】

Featured Video Play Icon

こんにちは!ボイストレーナーのけいたんです。

今回は、歌う時に腹式呼吸は必要ない【ただし例外あり】というテーマでお届けします。

歌う時に「腹式呼吸をしましょう!」とよく言われます。僕もレッスンで生徒さんに伝えることはありますし、腹式呼吸に関する動画も出しています。

ですが、絶対に腹式呼吸をしなきゃいけないのか、腹式呼吸をしないと良い歌が歌えないのかというと決してそうとは限りません。腹式呼吸をしたほうがいい人もいれば、別にしなくていい人もいます。実際に歌が上手い人、プロの歌手でも腹式呼吸をしてない人はたくさんいます。

逆に腹式呼吸に囚われて歌いにくくなっている人もたくさん見てきているので、呼吸に関しての正しい理解が深まるきっかけになればいいなと思います。ぜひ見てみてください!

歌う時に腹式呼吸は必要ない。【ただし例外あり】(動画解説版)

腹式呼吸とは?

まず腹式呼吸とはどんな呼吸なのかを簡単に整理しておきます。

腹式呼吸は息を吸うときに、お腹の力を緩めて軽く膨らむ呼吸方法です。

「あー」と声を出した後に、お腹の緊張を解くことで膨らむ形になり、そのことで意識して自分で息を吸おうとしなくても割と勝手に息が体の中に入ってくる、そういう呼吸になります。

このことで、肺の下の方にも空気が入れられるので、より多くの空気を使えるようになります。歌というのは1つ1つのフレーズが長いですから、たくさんの空気を使えた方が有利になります。あとたくさんの空気を使えること意外にももう1つメリットがあって、腹式呼吸をすることで、喉周りの力が抜けるということです。喉周りの力が抜ける。

腹式呼吸は自分でそこまで息を自力で吸おうとしなくいいんですね。お腹の緊張を解くことで勝手に息が体の中に入ってくる、戻ってくるので、「はー!」と思いっきり吸わなくていい。思いっきり吸おうとすると、喉周りの力を使ってしまうので、それで喉がしまって声が出しにくくなってしまう、コントロールが効かなくなってしまうんですね。

腹式呼吸はそれも防げるということです。声を出した後に、お腹を力を抜けばもう勝手に息がある状態になります。なので喉を使わなくていいんですね。

腹式呼吸の逆にある胸式呼吸

腹式呼吸の逆の呼吸、対極としてよく取り上げられる呼吸に「胸式呼吸」というものがあります。この胸式呼吸は息を吸う時に肩と胸を上にあげる呼吸です。「あー」と声を出した後に、肩と胸を上にあげて息を吸います。この呼吸方法は歌を歌う上で良くないものとして一般的には認識されてます。

それはなぜかというと、先ほどの喉の話になるんですが、胸式呼吸というのは思い切り息を自力で吸わないとなかなか空気が体に入ってこないんです。

「はー!」という感じで肩と胸を上げながら力を使う必要がある。そうするとすごく喉周りに力が入ってしまうので、結果的に喉がしまって声が出しにくくなってしまう、コントロールが効かなくなってしまう呼吸方法になるんです。

これが胸式呼吸が避けられて、腹式呼吸が推奨される主な要員になるんですが、実は歌が上手い人やプロの人の中には、一般的に避けられてる胸式呼吸をしている人もたくさんいるんです。

歌う時に腹式呼吸は必要ない。【ただし例外あり】

ではなぜそういう人たちは胸式呼吸でも良い歌を歌えるのかについて、これから詳しくお伝えしていきますね。

結論を言うと、胸式呼吸をしても喉周りに必要以上の力が入っていないからです。胸式呼吸をしても割と喉周りは常にリラックスできていると言うことです。「はー!」と肩と胸を上げながら息を吸っても喉周りに影響がなければ問題ないんです。

とはいえ、どうしても腹式呼吸に比べて自力で息を吸いに行く部分は大きくなるし、肺の浅いところまでしか空気を入れられない呼吸ではあるのですが、歌ってる本人にとってそれがナチュラルで歌いやすいのであれば何も問題ないと思います。

ただ、ここで1つ大事なことがあるので覚えて欲しいのですが、声を出している時には、ある程度の圧力をお腹周りで感じていた方がいいです。

ここでいう圧力というのは、ちょっとだけ息を止めた時のような感じ、例えば地上から水中に潜り込む時に息を止めますよね?「ん!」と軽く息を止めた状態にすると、自然と胸のあたりやお腹周りに苦しい感覚を感じると思います。これが圧力です。

この感覚を声を出す時にはある程度感じながら、グッと思いっきりやる必要はないので、軽ーく作り出した状態で「はー」と出せた方がいいです。それができた上で、息を吸う時に「はー!」と肩と胸を上げながら息を吸っても何も問題なくナチュラルな状態でいれるんであればオッケーだと僕は考えています。

これがもし、声を出してる時にもずっと肩と胸を上げっぱなしで、お腹周りに圧力がない状態だと、いくら胸式呼吸で問題なく息を吸えたとしても、声を出すときに間違いなく喉周りで圧力を作り出してしまうことになります。そうなると喉に過剰な力がかかることになるので、ずっと喉がしまって1曲歌うことも困難な状態になってしまいます。

なので声を出してる時は、お腹周りに少しだけ力が入って圧力がかかってる状態、その上で喉周りに余計な力をかけずに息を吸えるのであれば、呼吸方法は腹式でも胸式でもどちらでもやりやすい方で構わないと思います。

ただもし息を吸う時に喉周りに過剰な力が入って呼吸がしずらい、声も出しづらいと感じるんであれば、まずは負担が少なくて安定して声を出しやすくなる「腹式呼吸」をマスターすることをおすすめします。

まとめ

歌う時には「腹式呼吸をしましょう!」とよく言われます。ですが、腹式呼吸をしないと良い歌が歌えないのかというと決してそうとは限りません!

歌を歌う上で良くないものとして一般的に認識されている胸式呼吸でも、喉周りは常にリラックスできていて歌いやすいのであればそれで問題はありません。

腹式呼吸に囚われず色々と試しながら、あなたにとってベストな呼吸方法を見つけてみてください!そうすればより可能性が広がって歌うことが楽しくなるんじゃないかなと思います^ ^

 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。